Starlit Night * タルタロスオンライン・プレイブログ

ご訪問ありがとうございます☆ TARTAROS ONLINEをプレイしていたユスティニアの日記です。 気ままに更新中♪

迷いの森の姉妹☆その2

2010.11.12 Friday 17:12
カバーシャードのシナリオ「迷いの森の姉妹」の続きです。

最後にトラブルがあったものの、護符の修理を終えることができ、護符が元通りになったことで迷いの森から出ることができるようになりました。
一行にミミが出立を促したものの・・・
けれどそう簡単にこのカバーシャードを離れられない気がします。



人のいない場所で、長老2人が密談をしています。
どうやらカバーシャードでは堂主を頭としてしっかりとした結束がなされているわけでなく、内紛がある様子。

そんなシナリオクエストの続きは「続きを読む」へ♪
(やっていない人にはネタばれかも?)

JUGEMテーマ:タルタロス


4年前。
デリオ領主城では―
ウィルロト領主を退位に追いやって、ラングスロー領主が新領主の座につきました。
けれどカバーシャードが忠誠を誓ったのはウィルロト領主。
ウィルロト領主を助けようと出兵しようとしたところ、護符が破壊されて出られなくなったといいます。

そしてこの長老らは護符を直すのを邪魔し、堂主の石を狙うなど・・・
よからぬことをたくらんでいるのでした。



そんな密談をする長老のもとに、ジャガーという派手な格好の人物が姿を現しました。
どうやら笛を吹いていたのはこのジャガー。
得体の知れない人物です。

さらにそこに現れたのは、赤い鬼の面で顔を隠した人物。



もくろみの失敗した長老らに代わって謀ります。。
事態がとうとう動き出しだしたのです。



一方、笛の音で操られたルコは・・・
消耗し、眠りについていました。

夢の中―
ルコは姉であるリアンに刃を向けようとしています。

・・・!
お姉ちゃんに剣をふりまわすだなんて・・・ぞっとする・・・
目覚めたルコは、夢であったことに安堵し、リアンに自分がそんなことをするはずがないと・・・そう思うのでした。

と、そこにまた笛の音が―
またしても意識を奪われるルコ。



一行も意識をのっとられそうになりましたが、アエルロトの策によって難を逃れることができました。
しかし外では・・・
カバーシャードの武士らが笛の音の影響でおかしくなっていました。
「あの方の敵・・・消さなければならない・・・」



操られたカバーシャードの武士との戦いは、次から次へと現れてきりがありません。
リアン堂主が事態を収めるべく、堂主の石の力を使いました。



カバーシャードの武士らは堂主の石の力で術を解かれ、気を失いました。
けれど、ただ一人・・・ルコの術が解けません。

そしてロックフェラーがルコを押さえようとし、傷を負ってしまいました。。



一行も操られたルコとの戦闘に。
・・・きつかったです(;´∀`)



洗脳状態が解けないルコ。
駆けつけたミミがまたルコにかかった術を解いてくれました。
なんとミミはネコの姿をしていますが、リアンらのご先祖様だそうです。



事態は辛うじて収まったものの・・・
カバーシャードのいたる所に、武士たちが意識を失い倒れています。



彼らをいったいどうすればよいでしょうか―
ここから出なければならないのでしょうか。

それは先祖である私でなく、堂主がきめることだとミミは言います。

どこか気弱なリアン堂主。。

以前ルコが堂主のリアンについて一行に語ったことがありました。
エリアデン王国の中でも右に出る者がいないぐらいで
お姉ちゃんが使う武功だけ見てもあんたたち驚いてひっくりかえるわよ・・・と。

武勇に優れ、生きる伝説かのような・・・凛々しい姿。
それがリアン堂主だと。

けれど・・・サロマン族が襲ってきた際の態度も、本来ならばその力でもってサロマン族ごときの要求など撥ね付けるであろうところを、穏便に、しかも協力することまで認めました。

そして今回のこの態度。。

とてもルコが語ったような人物とは思えませんでした。



一夜明け―
目覚めたルコは、大怪我を追ったロックフェラーを見舞っていました。
ロックフェラーに怪我の理由を尋ねるルコ。でもロックフェラーははぐらかして、なかなか本当のことを言おうとしません。
ようやく事実に近いことを聞き出せたものの・・・納得できない様子のルコ。
そこにリアンがやってきました。

ルコはリアンに、ロックフェラーがこんな怪我を負うまで何故もしなかったのかと責めました。

けれどロックフェラーもリアンも、ルコが傷つけたことを話せないでいます。



何かを隠されていると感じるルコ。

なんか気に入らない・・・。
ルコは部屋から出て行きました。

ロックフェラーと2人になったリアン。
ルコがまた笛の音を聞いて私に剣を振り回したら・・私は・・・。
そんな気弱になっているリアンを、ロックフェラーは自分が守ると、励ますのでした。


一方、カバーシャードから出発しようとした一行は・・・
アエルロトの姿が見えず、出発できないでいました。


カバーシャードの陣営では会議が行われていました。

ウィルロト領主が現在の領主によって追われて・・・出兵しようとしたのに、できないままで4年が経っていました。
現状を確認してからと、即出兵命令を出さないリアン。
そんな煮え切らないリアンの態度が気に入らないルコは、会議の途中で飛び出していってしまいました。



出発できずにいた一行の前を通り過ぎて行くルコ。
一行はルコを心配して追いかけることにしました。


リアンも、飛び出していったルコを心配していました。

リアンは傍らにいるロックフェラーに問います。
守るという約束を守れるのかと―



ロックフェラーは誓いました。

そして・・・
リアンは出撃を決意します。


まだまだ長くなりそうなので次の日記に続きます☆

ランキング参加中♪ ⇒ タルタロスオンライン攻略ブログ

拍手を送る
| シナリオ(タルタロス) | comments(0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://tartaros.starlit.littlestar.jp/trackback/64

トラックバック




★タルタロス:リバース★
☆正式サービススタート
 2014/6/26 16:00〜
☆オープンβテスト
 2014/6/19 17:00〜
☆クローズドβテスト
 2014/6/13 17:00〜6/15 22:00

★タルタロス★
2013/2/25 11:00シーアンドシーメディアによるサービス提供が終了。