Starlit Night * タルタロスオンライン・プレイブログ

ご訪問ありがとうございます☆ TARTAROS ONLINEをプレイしていたユスティニアの日記です。 気ままに更新中♪

司祭の最後の祈り☆その4

2010.12.23 Thursday 12:44
デリオ領主城のシナリオ「司祭の最後の祈り」の続きです。



囚われの身となってしまったイリシア。
「あなたの仲間には私たちの意思を伝えておいた。もう一度約束する。協力すれば、無事に返す。」とルキウス。
そんなルキウスに「本当にやつらは待ち合わせ場所にくるのか?」と疑いの目を向けるのは、盗賊団のピリ。

そんなシナリオクエストの続きは「続きを読む」へ♪
(やっていない人にはネタばれかも?)

JUGEMテーマ:タルタロス


ルキウスら盗賊団の要求は、栄光の塔の守護霊の動きを止める事のできるルコが、自分たちがオボロスを手に入れる手助けをすること。

その期限は迫っていました。
ルコはどうするのか。。

先の栄光の塔への侵入への際、ルコはイリシアに助けられていました。
けれど恩を返すためとはいえ、盗賊団の要求に応じ、そのまま捕まったらどうなるのか・・・そうなればウィルロト領主を助けると言う使命が果たせなくなります。
堂主としての決断を迫るミミ。



こんな時どうしたらいいのか・・・
ルコは悩み、そして決意しました。

命の恩人であるイリシアを助けにいくと。

カバーシャードの武士は信義を捨ててはいけない。
前堂主、姉のリアンであってもそうするだろうと・・・。

宿の前ではみんながルコのことを待っていました。



さあ、栄光の塔へ出発です。

取引の場へ行くと、盗賊団に連れられたイリシアがいました。
イリシアの無事な姿を見て安心したのもつかの間。盗賊団は中まで同行するよう要求します。



要求どおり栄光の塔の内部へ入り、奥へと進んで行きました。



前に訪れた時はたどり着けなかった最奥に、栄光の石であるオボロスがありました。



堂主以外が触ってはならないというのに、持ち出そうとするピリ。
守護霊たちが動き出します。



静止しようとする堂主のルコすらも敵とみなし・・・
守護霊が襲い掛かってきました。

その場は何とか逃げ出しました。

外へと出て―
ルキウスはイリシアを返そうとするものの、盗賊団は約束を破り、イリシアを返さないと言います。
挙句、イリシアが囚われていることで抵抗できない一行に向けて発砲したのです。



最初にクロモド。そして次にソーマが撃たれて倒れました。

次は・・・。

シュバルマンに一度やられて恨みを持っているピリは、シュバルマンへと銃口を向けました。

シュバルマンを狙った弾―
その先にイリシアが飛び出しました。



「神の束縛」で自由に動けないはずなのに、身を挺してシュバルマンを庇ったイリシア。
イリシアは銃弾に倒れました。

「許さんぞ!覚悟しろ!」と、目の前で自分を庇って倒れたイリシアに平常心を失ったシュバルマン。
でも倒れたイリシアはまだ人質として囚われたまま。
むやみに手出しできません。

緊迫した空気が流れ・・・
それを破ったのはアエルロトでした。



遅れてすいませんと詫びるアエルロトと共に一戦を交え、盗賊団は逃げて行きました。
しかし盗賊団は逃げ去る際にイリシアをそのまま連れ去って行ってしまいました。



すぐにでもイリシア救出に向かおうとするシュバルマン。
けれど怪我人の治療が先だとみなに諭されます。


 ***


宿では後から来たアエルロトに事情を話しました。
話をきいたアエルロトは、次に自分がペリアス神殿を調べてきたこと、そこにドラゴンが封印されていることを語りました。
王の軍隊がペリアス神を祭る司祭会を追放する際、司祭と水龍を記憶の湖まで追い込んだのだと。

司祭会・・・まさか。

盗賊団と共にいるルキウスは、盗賊団と行動を共にしているものの、仲間というわけではないようです。
盗賊団の目的は神殿に眠る宝。
けれどルキウスには別の目的がありそうです。

まだまだ長くなりそうなので次の日記に続きます☆

ランキング参加中♪ ⇒ タルタロスオンライン攻略ブログ
拍手を送る
| シナリオ(タルタロス) | comments(0) |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://tartaros.starlit.littlestar.jp/trackback/113

トラックバック




★タルタロス:リバース★
☆正式サービススタート
 2014/6/26 16:00〜
☆オープンβテスト
 2014/6/19 17:00〜
☆クローズドβテスト
 2014/6/13 17:00〜6/15 22:00

★タルタロス★
2013/2/25 11:00シーアンドシーメディアによるサービス提供が終了。